Linode DNS Manager で無料の DNS サーバーを設定

レジストラーが提供する DNS サーバーの制限

ドメインを運用するにあたって必要となるのが、DNS サーバーです。レジストラーによっては DNS サーバーを提供しているところもあります。しかしながら、レジストラが別メニューで提供しているホスティングサーバーのレコードしか登録出来ない!とか、なんとも寂しいユーザー囲い込み制限をしているところもあったりします。

国内のレジストラの中では VALUE DOMAIN:バリュードメイン の DNS サーバーが割と自由に設定できるので、個人的には気に入っています。

そんなレジストラーが提供する DNS サーバーですが、基本的にレジストラーへ登録しているドメインしか運用することができないのです。

Linode DNS Manager ならプライマリー/スレーブ運用できます

Linode に契約すると Linode DNS Manager という DNS サーバーを無料で使うことができます。しかも、あたりまえですが、レジストラーが提供するようなドメインの制限がありません。設定項目の制限も感じませんので使える感じです。

しかもドメインをいくつも登録できるので便利です。こういうところに制限が無いのがなんとも嬉しい。

VPS や自宅サーバーを運用していると、自宅サーバーでプライマリー DNS サーバーを動かしたいので、どこかでスレーブを運用してくれないかな?なんて思ったりしますが、Linode DNS Manager はドメイン毎にプライマリー/スレーブどちらの DNS サーバーとしても運用することが出来ます。

DNS Manager

Linode DNS Manage 利用時に、レジストラへ登録する DNS サーバー

Linode DNS Manager で設定した内容を公開するためには、レジストラへ Linode DNS Manager のサーバーを登録する必要があります。レジストラーへは、NS Records として表示されている以下のサーバーを登録して下さい。

ns1.linode.com

ns2.linode.com

ns3.linode.com

ns4.linode.com

DNS レコード登録時の注意

登録方法は簡単なので、ここで詳細を解説するのはやめておきます。

ですが、人によってはハマってしまいそうなところが一点ありました。

登録時に Hostname の最後に . (ドット) をつけると入力エラーになってしまいます。最後の . (ドット) をつけないと登録できるので、エラーが出たら確認してみてください。

僕の場合は、Google Apps でメールが使えるように MX Records を登録していたら、これにハマりました。HostnameASPMX.L.GOOGLE.COM. と入力するとエラーが発生して登録できないのです。もしや?と思い ASPMX.L.GOOGLE.COM と入力すると登録できました。

ゾーンファイルをイメージしながら登録していたらハマってしましました。

Linode へインストールした Ubuntu の設定 へ続く...

Linode


Linode - 自由度が高い VPS サービス


CategoryLinode

ボンノウドットコム Wiki: Linode DNS Manager で無料の DNS サーバーを設定 (最終更新日時 2009-10-08 05:36:08 更新者 JunKikuchi)

このサイトに関するお問い合わせは kikuchi@bonnou.com までお願いします